おかげさまで7年目

与信管理システムの会社を比較!

与信管理システムとは?

与信とは、金銭の貸付や保証などを行うことをいいます。
ある相手に対して債務保証を行ったり売掛債権を認めるということは、相手方が期日内に約束通りの返済を行うということへの信用を与えることなのでこれを与信と言います。
与信管理の必要性が高まったのは、新BIS規制のリスク管理強化の影響があります。
1980年代に国際金融は飛躍的に発達しましたが、一方では各銀行の累積債務の増加が目立つようにもなってきました。
その結果、1つの銀行の破綻が世界中の金融に影響をあたえるシステミックリスクが心配されるようになり、1988年に国際決済銀行(BIS)によってBIS規制(バーゼル合意)が発表されました。
BIS規制では国際的に業務を展開している銀行については、自己資本比率を8%以上で維持するように規定しました。
その後1996年には市場リスクが加わり、2003年にリスク管理の体制強化を目的とする新BIS規制が決定され2006年から適用開始となりました。
この結果、各銀行は与信管理の強化を迫まられることになり、これを実現できるシステムへのニーズが高まってきたのです。

【関連カテゴリ】
システム保守代行ECサイト構築入退室管理システム受託開発

【ご相談専用フリーダイヤル】:0120-56-2347

お問合せポータルの無料コンシェルジュサービス

コンシェルジュについてはこちら

廣瀬

廣瀬 自己紹介を見る

与信管理システム コンシェルジュ

与信管理システムを考えているが何をしていいかわからない。 与信管理システムはどうやって比較すればいいの? どの会社に問合せていいのかわからない。
そんな時は、与信管理システムコンシェルジュにご相談ください。どんな相談にも無料で丁寧にお答えさせていただきます。

電話で相談する時のポイント

お気軽にお電話ください

与信管理システム会社一覧

全ての企業にチェックを入れる

問合せ
株式会社SCP.SOFT

素材加工業、部品製造業、卸売・小売業、流通業、建設業、不動産業、 病院など、多業種実績があります。お客様からは「小回りの利く、迅速 な対応」で喜んでいただいています。導入後の運用までフォローいたします。

このページのトップへ